金運アップ 方法

お金を敬う

お金は敬うもの尊いもの

 

「世の中お金で買えないものもある」、とはよく聞くセリフです。

 

金運アップ,方法

 

自分が今まさに経済的/金銭的に困っている状況でしたら、実に耳に心地よいフレーズです。

 

確かに世の中お金で買えないものなんていくらでもあります。でも一方で、お金さえあれば誰でも簡単に入手できるものは星の数以上にあります。

 

金運アップ,方法

 

このようなお金に関するマイナス面を強調するようなフレーズの裏側には、「どうせ自分は一生お金に縁がない」「お金に縁がなくても生きていける」「お金は必要悪な存在」といった、ある意味お金を突き放すような考え方が潜んでおり、後ほど解説する潜在意識の観点からも極めて危険です。

 

ここではひとまず、このようなお金の存在を軽んじるようなフレーズや考え方は、金運アップを目指したい私たちにとっては何のメリットもないことだけ覚えておいて下さいね。

 

類は友をよぶ|お金はお金をよぶ!

 

【実践編】の「気功を利用する」でも説明しますが、世の中に存在するものは全て波動でできています。

 

エネルギーの固まりとよんでも良いでしょう。私達の体を構成する細胞も結局は波動でできています。この領域を学問的に扱っているのが物理学では素粒子論、医学では波動医学です。

 

  

 

詳しい説明は省きますが、波動一つ一つは特徴的な引力を持っています。そして同じ性質の波動どうしは集まりやすいという性質も持っています。「金」や「財」に関するものも同様に特徴的な波動を持っており、常に仲間を探して放浪しています。

 

金運アップ,方法

 

ベタな言い方をすれば、お金は寂しがり屋なので、大勢の仲間がいればそれだけ引力も強力になりどんどん仲間を増やそうとします。

 

金運アップ,方法

 

「お金は集まるところに集まる」とよく言われますが、まさにそのとおりなのです。

 

ある一定以上にお金が集まると加速度的に増えていくのは、まさにお金の波動が同じ波動を持った「金」や「財」を勝手に呼び集めてくるからなのです。

 

金運アップ,方法

 

ここでは先ずお金に限らず物事の基本性質である「類は友を呼ぶ」という真理を、しっかり覚えて下さいね。

 

「金」や「財」が乏しくなる病とは?

 

血液の病気と呼ばれる病がいくつかあります。

 

代表的なものは血液の癌である白血病で、急性でも慢性でも自覚症状が乏しいという特徴があります。

 

もしも今あなたが経済的/金銭的に困っている状況でしたら、それはある意味「お金の病気」に罹患している状況とよぶことができます。に関わる運気が著しく乏しい状態です。ここでは仮に金気欠乏症と命名しておきます。全ての病には原因があるように、金気欠乏症にも原因があります。

 

 

世の中すべての事象は原因と結果で成り立っています。あなたがいま金気欠乏症でしたら、原因はお金に対する姿勢、お金を敬うという基本姿勢ができていないか、あるいは敬う姿勢が乏しいことが大きな原因の一つかもしれません。

 

白血病には抗癌剤による薬物療法がよく効きます。金気欠乏症にも簡単でよく効く治療法があります。対症療法ではなく根本治療法です。世の中のお金持ちといわれる人達は意識的にであろうと無意識であろうと、日常的に実践している方法です。

 

詳しくは「風水」や「気功」のところで解説します。

 

金運アップ財布
金運アップの財布 詳細 >>