正しい参拝方法

正しい参拝方法

二礼二拍一礼

 

金運アップ 方法

神社にお参りする際の正しい参拝方法をぜひ覚えて下さい。

 

先ず最初に鳥居で一礼します。次に御手洗(みたらし)で手を洗い口を濯ぎます。
この2つの行為は物理的な汚れを落とすという意味ではなく外界の穢れ(ケガレ)を
落とすために行うものです。

 

なので手がキレイ汚いに関わらず、神社の境内に入ったならば
必ず行わなければならない作法となります。

 

 

最初に鈴を鳴らしましょう

拝殿の前で最初に行うことは、鈴や鰐口(わにぐち)を鳴らすことです。
大きな音は必要ありません。神様に対して「参拝に参りました」
という合図と「邪気を払う」という2つの意味があります。

 

 

二礼二拍手一礼

金運アップ 方法

鈴を鳴らした後、二礼二拍一礼を行います。

2回お辞儀をして2回柏手を打ち最後に1回お辞儀をします。

 

大切なことは「お金持ちへの道のりを見守ってくださりありがとうございます」という感謝の念を心の底から持つことです。間違っても「お金持ちにして下さい!」等と願い出てはいけません。

 

帰りに再び鳥居をくぐった後は、あらためて振り返り軽く一礼します。

 

 

以上の流れをまとめておきます。

 

@ 鳥居で一礼する
A 御手洗で手を洗い口を濯ぐ
B 鈴を鳴らす
C 二礼二拍一礼+「ありがとうございます」
D 鳥居で再び一礼する

 

参拝した時だけではなく、日常生活においても常に感謝の念を持ち続けた方が金運アップにおいて断然有利です。では何に対して感謝するのが良いのでしょうか。おすすめしたいのは、自分が「生かされていること」に対してです。これ以上の感謝の対象はありません。

 

少々宗教じみているかもしれませんが、自分の無力を自覚し万物の施しと恵みの上で自分や自分の家族は生かされている、こんな気持を素直に持てれば日常生活においても常に感謝の気持を維持することができます。

 

日頃から感謝の念を持ち続けられれば、それだけで極上の良い波動を放出することになり、金気を始めとした様々な良い運気を引き寄せやすい状態になります。

 

 

金運アップ 方法